文字サイズ

中崎、柳田に一発浴びる OP戦最終戦で守護神“追試”

8回、柳田(左奥)にソロを打たれた中崎(撮影・吉澤敬太)
1枚拡大

 「オープン戦、ソフトバンク4-1広島」(24日、ヤフオク!ドーム)

 広島の中崎翔太投手が、1回1本塁打1失点だった。九回から登板。1死後、柳田に初球のスライダーを、右中間にあるホームランテラスに運ばれた。

 春季キャンプでインフルエンザを発症し調整に狂いが生じた。前回22日のオリックス戦では1回無失点と好投し、守護神はく奪は回避された。だが、この日の投球内容により、オープン戦最終戦となる26日のソフトバンク戦(マツダ)で登板することが決定した。

 試合後、緒方監督は「見ての通り。本人が一番、しっくりきていないと思う。抑え?決められない。正直、あの状態では」と話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス