文字サイズ

誠也 侍の経験を糧に飛躍を誓う 打率・214…悔しさシーズンで晴らす

 米国から帰国した(左から)平野、鈴木、小林
1枚拡大

 WBCの戦いを終えて帰国した広島・鈴木誠也外野手(22)が23日、千葉県成田市内のホテルで取材に応じた。侍初選出で刺激を受けた若武者。悔しい経験を糧に、次なる目標へ一歩ずつ歩んでいく決意を示した。

 最年少野手として出場したが、出場5試合で14打数3安打の打率・214と持ち前の打棒を発揮できず。「しっかり結果で応えたいと思っていましたが、結果が出なくて申し訳ないなと思います」と退任を表明した小久保監督への思いを吐露。それでも「世界の舞台でやれて、プラスになることもあった」と語った。

 2019年のプレミア12、20年の東京五輪へ「主力として出て、優勝できるよう頑張っていきたい」と前を見据えた。チームには26日に合流予定。大舞台での経験を生かし、今季のさらなる飛躍へつなげる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス