文字サイズ

飯田がわずか4球で危険球退場 先頭打者の頭部へ死球

 「オープン戦、オリックス-広島」(22日、京セラドーム大阪)

 広島・飯田哲也投手が危険球で退場となった。七回、3番手として登板したが、先頭・西野への投球が頭部付近を直撃したため、危険球を宣告されて即退場となった。打者1人、わずか4球でマウンドを降りることになった。

 今年のオープン戦では、巨人・沢村投手が4日の日本ハム戦(札幌ドーム)で、初球を清水の頭部に当ててしまい、1球で危険球退場となっていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス