文字サイズ

静岡出身・桑原&庄司 アベック凱旋打 大歓声に応えた

 8回、右前打を放つ庄司
 3回、地元・静岡の大声援を受け、右前打を放つ桑原
2枚2枚

 「オープン戦、楽天4-1広島」(15日、静岡草薙野球場)

 高校時代、慣れ親しんだグラウンドに快音を響かせた。静岡県出身の広島・桑原と庄司が凱旋試合を安打で飾った。

 まずは桑原だ。「失うものは何もないという気持ちで、ストライクを全て振りにいこうと思って打席に入った」。二回1死。大歓声に迎えられ打席に立つと、右前打で声援に応えた。

 庄司は、八回1死一、二塁で右前打をマーク。「スタンドから『庄司頑張って』と言ってもらえてうれしかった。自分も頑張ろうと思って1本打ててよかったです」と笑みを浮かべた。

 緒方監督は「地元の選手がタイミングよく(1軍に)上がってきていい内容を残せている。こういうチャンスを生かしていいものを見せて欲しい」と評価。限られた中で結果を残し、開幕1軍を目指す。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス