文字サイズ

ドラ1加藤 開幕ローテ決める 最終テス投「自分のボールを投げられたらいい」

 床田(手前)とキャッチボールする加藤
1枚拡大

 広島のドラフト1位・加藤拓也投手(22)=慶大=が13日、先発予定の14日・楽天とのオープン戦(明石)に向けて、マツダスタジアムで最終調整した。ここまで実戦5試合13イニング連続無失点。今回は最長となる5回を投げる見込みだ。

 「与えられたところで頑張るだけです。自分のボールを投げられたらいい。自分の球を投げることが、自分がコントロールできる唯一のことなので」

 開幕ローテ入りへ、「最終テスト」に位置づけられる登板を前にしても気負いはない。

 12日夜はWBC・日本-オランダ戦をテレビ観戦した。日本代表へのあこがれを問われると「大きい目標を立てたことがない」と持論を展開。「実力がつけば意識が変わってくるかもしれないですけど。まだプロで何もやっていない」。ルーキーはどこまでも自然体だ。冷静に足もとを見つめていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス