文字サイズ

ペーニャ、攻守で存在感 安定の守備、打撃は5試合連続安打

4回広島無死、ペーニャは中前打を放つ=マツダスタジアム(撮影・吉澤敬太)
試合前の新入団選手紹介に登場し(左から)ドラフト2位・高橋昂也、3位・床田寛樹、(右から)6位・長井良太、5位・アドゥワ誠とタッチを交わす広島のペーニャ(背番号5)=マツダスタジアム(撮影・吉澤敬太)
1回ヤクルト無死、大引啓次の遊撃飛を好捕する広島のペーニャ=マツダスタジアム(撮影・吉澤敬太)
3枚3枚

 「オープン戦、広島0-4ヤクルト」(12日、マツダスタジアム)

 広島の新外国人、ラミロ・ペーニャ内野手が攻守で存在感を示した。

 オープン戦で初めて遊撃で出場すると初回、大引の飛球を背走しながら捕球。六回にも大引のゴロを軽快なフットワークで処理するなど、5度あった守備機会で安定したプレーをみせた。チームでは三塁手として期待されているが、米国では遊撃が本職だ。

 打撃では四回、先頭で打席に立つと館山から中前打を放ち、オープン戦5試合連続安打をマークした。「いい感じで動けた。試合に出場する機会が増え、状態も上がってきているよ」と手応えを口にした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス