文字サイズ

ジョンソン開幕投手へアゲアゲ 堂林バットへし折った

 シート打撃で丸と対戦するジョンソン(撮影・吉澤敬太)
1枚拡大

 「広島春季キャンプ」(22日、沖縄)

 広島のクリス・ジョンソン投手(32)が22日、今キャンプ2度目のシート打撃に登板。堂林のバットをへし折るなど、打者3人に40球を投げ、安打性の当たりを2本に抑えた。開幕へ向け、エース左腕がギアを上げてきた。

 「バキッ!」。鈍い音が球場にこだました。鯉党からは感嘆の声が上がる。堂林への3球目。内角へ切れ込む鋭いカットボールがうなりを上げた。「全てが順調」。サラリと言ってのける姿が、何より頼もしかった。

 丸、エルドレッドにも投げた。丸には2四球を与えたが、高めに浮く球はなかった。1セットを20球とし、投げ終えると一度、ベンチへ下がった。小休止して再びマウンドへ。試合を想定した投球も開始した。

 23日からは、今キャンプの締めくくりとして、オープン戦など6試合が予定されている。ジョンソンも先発して2回を投げる予定だ。2年連続の開幕投手を目指し、いよいよ本番モードに入る。

 昨季限りで黒田が現役を引退。来日3年目の今季は、先発陣では最年長になった。チームをけん引していくという強い自覚がある。「違う球を放る。後ろで見ていて、前に飛ばさせないんだから」と緒方監督。指揮官の言葉が、左腕への厚い信頼を物語っていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス