文字サイズ

ドラ5アドゥワ“鯉のダル”になる!憧れの人マネて天井に目標貼った

 広島は16日、ドラフト5位で指名したアドゥワ誠投手(18)=松山聖陵=と松山市内のホテルで入団交渉を行い、契約金3000万、年俸480万円で仮契約を結んだ。身長196センチの大型右腕は、憧れているダルビッシュ(レンジャーズ)のような投手への進化を力強く誓った。

 18歳。表情にはまだあどけなさが残る。だが、仮契約を終えたアドゥワは「カープの一員として高い意識を持たないといけない。自分でやっていかないといけないので、自分に負けないようにしたい」と自覚を口にした。

 同じ高卒でプロ入りしたダルビッシュに憧れる。「身長が同じで、体作りであったり、取り組み方など影響を受けました」。きっかけは、東北高時代にダルビッシュを育てた若生正広監督に九州国際大付で指導を受けた兄・大さん(東農大北海道オホーツク)からもらった1冊の本だった。

 「若生監督がダルビッシュ選手について書かれた本をもらいました。寮の天井に目標を張っていたと書かれていたので、自分も部屋の壁に、大谷選手が162キロ出した時の新聞などを貼っています」。目標を明確にして日々取り組み、プロへの扉を開いた。

 身長196センチ。手足が非常に長く、投手として理想的な体格は親譲りだ。父・アントニーさんはナイジェリア人で身長185センチ。実業団ダイエーで活躍した元バレーボール選手の母・純子さんも身長180センチ。その体には、無限の可能性が詰まっている。

 現在はウエート中心に練習を行い、ブルペンでの立ち投げも開始している。新人自主トレに向けて準備を進める。「体力をしっかりつけないといけない。3、4年後には1軍に上がりたい」。揺るぎない決意とともに最速145キロ右腕が、プロとしての第一歩を踏み出した。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

カープ最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(野球)

話題の写真ランキング

写真

デイリーおすすめアイテム

リアルタイムランキング

注目トピックス