文字サイズ

ドラ4・坂倉将吾が仮契約「打てる捕手」誓う 契約金3500万円

仮契約交渉を終え尾形スカウト(左)、高山スカウト(右)に帽子をかぶせてもらい笑顔の日大三・坂倉将吾=グランドプリンスホテル新高輪(撮影・棚橋慶太)
色紙に「開幕一軍」としたためガッツポーズする日大三・坂倉将吾=グランドプリンスホテル新高輪(撮影・棚橋慶太)
2枚2枚

 広島からドラフト4位指名された坂倉将吾捕手(18)=日大三高=が13日、都内のホテルで仮契約を結んだ。契約金3500万、年俸500万円(金額は推定)で、背番号は未定。

 仮契約を終えた坂倉は「契約を終えて、夢だったプロ野球の世界へ入るんだという実感がわいてきました」と晴れやかな表情。プロ入りに向けて「打てる捕手として、攻守ともにアピールしていきたいです」と気を引き締め、プロ1年目の目標として色紙に「開幕1軍」と書いた。

 強肩強打の左打ち捕手。高校通算25本塁打で2年生の時には都大会で、神宮球場のバックスクリーンにぶち当てたほどのパンチ力を持つ。2年夏までは右翼手としてプレー。投手のよさを引き出す配球とキャッチングと、試合の流れを読む観察眼に、広島・苑田スカウト統括部長は「ああいう高校生捕手は、40年スカウトをやってきて初めて」と絶賛している。50メートルは6秒4で、二塁送球はプロでも早い1秒80秒という。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス