文字サイズ

黒田の「15」カープの永久欠番に 山本、衣笠に続く球団3人目のレジェンド

 球団が永久欠番に決めた黒田の背番号「15」
1枚拡大

 今季限りで現役を引退した広島・黒田博樹投手(41)の功績を称え、球団が背番号「15」を永久欠番にすることが30日、分かった。球団では山本浩二氏の「8」、衣笠祥雄氏の「3」に続き3人目。15年に復帰し、今季は日米通算200勝や25年ぶりのリーグ制覇に貢献。レジェンド右腕が球団史に新たな1ページを刻んだ。

 黒田が背負い続けた代名詞が永遠に語り継がれる。広島で通算13年間つけてきた背番号「15」は球団の宝物。松田オーナーは「広島に帰って来て2年。単純に成績だけではない。社会への影響があったし、価値観を覆した。球団として歴史に残し、功績を伝えないといけない」と話した。

 15年に古巣復帰。前年の14年にはヤンキースで5年連続2桁勝利となる11勝をマーク。メジャーからは20億円超の巨額オファーを受けた。それでも右腕は「カープで投げた方が1球を投げる重みが感じられる。今度は僕がファンの心を動かしたい」。年俸は米国の約5分の1となる4億円ながら、広島を愛する心で野球人生最後の舞台にカープを選んだ。

 「お金だけではないということ。それ以外の価値観という意味で一石を投じた」と同オーナー。「男気」という言葉が世間をにぎわせた。実力もさることながら、その言動がチームやカープファンだけではなく、社会全体に大きな反響をもたらした。

 現役生活最後となった今季は7年連続2桁勝利となる10勝を挙げ、日米通算200勝も成し遂げた。体は満身創痍(そうい)。右肩や右足首に消炎剤の注射を打ちながら、25年ぶりのリーグ制覇に導いた。32年ぶりの日本一には輝けなかったものの、「残してくれたものはたくさんある。粘り強く投げることへの考え方、先発投手のプライドを(周囲の投手に)感じさせたことも大きい」と同オーナー。レジェンドが示し続けた野球への妥協なき姿勢は、後輩たちに着実に受け継がれていく。

 球団では、ミスター赤ヘル・山本浩二氏の「8」、鉄人・衣笠祥雄氏の「3」に続いて3人目の永久欠番。ファンの記憶、そして記録にも残り続けるであろう不世出の大エース。プロ20年間で黒田が歩んできた一歩一歩の道のりが伝説になり、後世に語り継がれていく。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス