文字サイズ

広島ノーヒットでも先制!エルドの飛球がポトリ、新井が一塁から激走

4回広島2死一塁、フライを上げ、悔しがる広島 ブラッド・エルドレッドだったが…=札幌ドーム(撮影・出月俊成)
3枚

 「日本シリーズ・第4戦、日本ハム-広島」(26日、札幌ドーム)

 まさに「神ってる!?」。広島が四回、無安打で先制点を奪った。

 四球を選んだ新井を一塁に置き、2死一塁で打席にエルドレッド。4球目の直球を打ったが、打ち損じた打球が高々と上がった。中堅・岡の前方、二塁ベース後方打球。3選手の間に飛んだが、誰も捕球体勢に入らなかった。右翼・近藤が必死に追走したが、打球を飛び越える形で人工芝に弾んだ。右翼手の失策が記録された。

 一走の新井が全力疾走を怠らず、一気にホームまで生還した。通常なら中堅手の守備範囲。投手・高梨もマウンド付近で、ぼう然とするしかなかった。

 この回を含めノーヒットが続く中、3試合連続本塁打中のエルドレッドに飛び出した“ラッキー打”で、広島が先制した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス