文字サイズ

ヘーゲンズ6回0封6勝目!五回までノーヒッ投 夏の甲子園TV観戦で原点回帰

 6回、上田を併殺ゴロに打ち取り、グラブをたたくヘーゲンズ(撮影・吉澤敬太)
1枚拡大

 「広島3-0ヤクルト」(21日、マツダスタジアム)

 満員の球場が大きな拍手に包まれた。ベンチで指揮官が満面に笑みを浮かべる。握手を交わして肩に手を当てたのは広島・ヘーゲンズ投手だ。6回1安打無失点。苦しい先発陣の台所事情を救う快投劇に、思わず頬が緩んだ。

 カットボールを軸にツバメ打線を封じた。五回、今浪に四球を与えた後、右手中指を気にするそぶりをみせた。だが、「ケガではない。汗が落ちてきて、グリップが効かなくなっただけ」。六回に初安打を浴びても動じなかった。

 岡田が右肩の故障で戦列を離れたこともあり、2試合連続での先発だった。勝利の方程式の一員から急きょ、任された役割に応えてみせた。緒方監督は「安定したボールを投げていた。0点の結果は十分」と賛辞を贈った。

 夏の甲子園。無我夢中で白球を追いかける球児をテレビ観戦し、胸を打たれた。「思い出させてくれたよ」。野球を始めた頃のように楽しむことが大事。結果を恐れず、昔のように思い切り腕を振ることに集中した。

 中継ぎから先発までこなせるのが助っ人の強み。次回に向けても「任された場所で、しっかりと投げるだけ。チームを支えていく」と笑った。優勝を目指すラストスパートに向け、その存在は頼もしい。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス