広島 能見の四球連発から3点奪取

 「広島-阪神」(25日、マツダスタジアム)

 広島が0-0の三回、2本の安打で能見から3点を奪った。

 先頭の田中が四球を選ぶと菊池、丸も四球で出塁。無死満塁と広げた好機で、ルナの右前適時打で先制点を奪った。

 さらに新井が中犠飛を放ち加点。下水流の中前適時打で3点目を奪った。首位を走るチームは、不安定な投球が続く左腕を見逃さず、きっちり仕留めた。

 ルナは「前の打席でもランナーがいて凡退した。何とか返そうと思った」。下水流は「何とか食らいついていこうと思った。とにかく前に飛ばしたかった」と振り返った。

 広島は現在、7連勝中で、セ・リーグの首位を独走している。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

カープ最新ニュース

もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス