文字サイズ

中村恭3年ぶり勝利 DeNA再び借金

DeNA打線相手に6回途中無失点と好投した広島・中村恭=横浜(撮影・佐々木彰尚)
6回、2者連続本塁打を放った松山(左)を迎える広島・緒方監督=横浜スタジアム(撮影・堀内翔)
広島・エルドレッドが先制となる左犠飛を放つ=横浜スタジアム(撮影・堀内翔)
3枚3枚

 「DeNA0-6広島」(29日、横浜スタジアム)

 広島が投打にDeNAを圧倒し、連敗を2で止めた。

 四回、エルドレッドの左犠飛で1点を先制。六回には2者連続となる丸の10号3ラン、松山の5号ソロで4点を追加した。九回には丸の左前適時打でダメ押しした。

 投げては先発の中村恭が5回2/3を投げて3安打無失点で、2013年4月28日の中日戦(マツダスタジアム)以来、1127日ぶりとなるプロ2勝目を挙げた。六回途中からヘーゲンズ、ジャクソン、中崎とつなぎ、DeNA打線を無得点に抑えた。

 DeNAの連勝は6でストップし、借金1となった。打線は散発4安打、無得点に抑えられた。先発・山口は6回5失点で2敗目(3勝)を喫した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス