文字サイズ

ヤクルト戦6戦5勝 菊池「あしたも」

 「ヤクルト3-6広島」(10日、神宮球場)

 首位・中日をゲーム差なしで追う2位・広島が逆転勝ちした。3-3の七回、1死一、三塁で、菊池が中前に落ちる勝ち越しの適時打を放ち、これが決勝打となった。

 菊池はこの試合、ヤクルト先発・新垣の前に三振、三振、遊ゴロと、いいところがなかった。七回は2番手・秋吉との対戦。ヒーローインタビューでは、「3打席目までは情けないバッティングだったんで、何とかしたいと思って打席に入りました」といい、打球が落ちた瞬間は「うれしかったですね。正直」と、素直な思いを口にした。

 チームは2位をキープし、首位・中日をピタリ追走。これでヤクルト戦は6戦して5勝1敗と、相性の良さは抜群。菊池は「言われるまで気づかないですけど、またあしたもあるんで、絶対に勝ちたいと思います」と、力強く話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス