文字サイズ

広島 最下位脱出へカード初戦を重視

調整中に失投し、グラウンドに転がる広島・大瀬良大地=マツダスタジアム(撮影・出月俊成)
3枚

 広島は27日、マツダスタジアムで投手と野手の指名練習を行った。投手は福井、大瀬良、前田、野村、野手では堂林、野間、鈴木誠、安部が参加した。

 28日からDeNA、ヤクルト、巨人と対する9連戦を前に、緒方監督をはじめコーチ全員も指導に顔を出した。

 緒方監督はフリー打撃中に堂林を直接指導。打撃投手を務めたコーチ陣にはスローボールを投げさせ「緩いボールこそ、しっかりしたいいスイングで捉えないと」と、狙いを説明した。借金6の単独最下位に沈むが「頭をとりたいね」と、カード初戦を重視して巻き返しを狙う。

 28日からのDeNA戦(マツダ)は大瀬良、前田、野村。来月1日からのヤクルト戦(神宮)は黒田、ジョンソン、福井。同4日からの巨人戦(マツダ)は大瀬良、前田、野村が先発する見込みだ。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス