文字サイズ

松山マシン打撃再開!最短復帰誓った

 早期復帰へ向け、早くも打撃練習をする松山(撮影・出月俊成)
1枚拡大

 左太もも裏筋挫傷のため19日に1軍登録を抹消された広島・松山竜平外野手(29)が23日、大野練習場でマシン打撃を再開した。回復は順調で、最短で登録可能な29日・DeNA戦(マツダ)での復帰を誓った。左脇腹を痛めているヘスス・グスマン内野手(30)は5月上旬、右膝手術を受けたブラッド・エルドレッド内野手(34)は同下旬の復帰を目指し調整中だ。

 時折見せる笑顔が順調な回復ぶりを物語っていた。松山がマシン打撃を再開。まだ全力ではないが、左足を気にすることなくバットを振り抜いた。「打撃には全然、影響はない。自分のフォームでも打てている」。1軍復帰へ向け一歩前進。その声は弾んだ。

 18日の中日戦(マツダ)の六回、右翼線に二塁打を放った際、左足を引きずるようにして二塁へ到着。途中交代し、チームドクターに「左太もも裏の筋挫傷」と診断された。翌19日に出場出場選手登録を抹消された。

 幸いにもけがは軽傷。この日は負傷から5日目にもかかわらず、軽めのダッシュを行った。走り終えた後に「多少張りはある」と言いながらも「よくなっているから走れる」とキッパリ。足を動かすノックにも参加しゴロを捕球した。

 20試合を終え総得点はリーグワーストの49。順位は借金「6」で最下位に沈む。チームが求めるのは得点力だ。今季先発した13試合はすべて主軸を任された松山の、一日も早い復帰が望まれる。

 自身も「早めに戻りたい。そこを目指してやる」。最短で登録可能な29日・DeNA戦(マツダ)での復帰に強い意欲をにじませた。鯉の季節は目前。最下位から上昇気流へ乗せるために復帰を急ぐ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス