文字サイズ

右肘検査も…新井は強行「行く」

 球場から引き揚げる新井
1枚拡大

 18日の日本ハム戦(札幌ドーム)を右肘痛で欠場した広島・新井貴浩内野手(38)が19日、広島市内の病院で検査を受けた。球団は詳細を明かさなかったが、新井は「炎症がある段階」と話した。

 17日の日本ハム戦(札幌ドーム)後から翌朝にかけて痛みを覚え、18日に宿舎で静養後に帰広した。この日は検査後にマツダスタジアムへ。早期の1軍復帰を目指し、右肘は使わずに約2時間、体を動かした。

 開幕まで10日を切った中での1軍離脱。新井は「正直、焦りはある」と偽らざる心境を明かした。20日からは大野練習場でリハビリを行う。「時期的にも立場的にも、しっかり治してから(1軍合流)と言っていられない。少々(の痛みがある場合)でも行く」と強い決意をにじませた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス