文字サイズ

野間あるゾ開幕スタメン!監督“通達”

 広島のドラフト1位・野間峻祥外野手(22)=中部学院大=が2日、緒方監督から3月27日の開幕戦・ヤクルト戦(マツダ)でスタメン起用される可能性を直接伝えられた。新人野手で実現すれば、2006年の梵以来、9年ぶり球団3人目の快挙となる。

 “開幕スタメン通達”とも受け取れる光景だった。練習を終えた野間は指揮官に呼び寄せられ、一塁側ベンチに並んで腰掛けた。そのまま約10分間。熱いゲキを受けた。

 「開幕1戦目に出たとすれば、足が震えることもあるだろうから、その日を想定してやってくれ」と指揮官。野間は「自信はまだまだですけど、走攻守で新人らしく頑張ります」と気を引き締めた。

 沖縄キャンプではオープン戦と練習試合の計5試合全てに「1番・右翼」で先発出場し、24打数4安打、3打点。2月21日・巨人戦(沖縄セルラー)では右越えソロを放つなど、強肩と俊足に加え、バットでも好印象を残した。

 広島の新人野手で開幕戦に先発出場すれば、ドラフト制以降では1969年の山本浩二(当時浩司=6番・中堅)、06年の梵英心(6番・二塁)に続いて3人目。体重が今キャンプ中に1キロ増の79・5キロとなり、体も存在感も増した若武者は「高いレベルでやれたこの1カ月を、生かせるようにやりたい」と目を輝かせた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス