文字サイズ

大瀬良“先生”母校でドカ食い秘話披露

 講演会を終えて、生徒に花束を贈られる大瀬良
1枚拡大

 広島ドラフト1位の大瀬良大地投手(22)=九州共立大=が16日、長崎県諫早市の母校・長崎日大高で保健体育を担当した教育実習を終えた。この日は在校生約1050人を前に講演を行い、高校時代に超人的な“ドカ食いトレ”を敢行した経験談を披露。目標に向かって努力することの大切さを説いた。

 大瀬良が講演で高校時代の“ドカ食い”秘話を明かした。

 身長185センチ、体重68キロだった高2の冬。「体を大きくしなくては」と決意し、11月から3カ月で10キロ増やした。球速は140キロを超え、高3夏は今村(現広島)擁する清峰を倒し、自身初の甲子園切符を手にした。

 毎日、米2合の弁当3つ、こぶし大のおにぎり7つを持参。朝練習後におにぎり。3時間目の授業前に弁当1つ。昼休みは食堂で弁当2つ、うどんとカレーと牛丼。6時間目の前にパンを3つ。放課後の練習では部が用意した白飯。帰宅後は豚肉と米5合を1時間かけて腹におさめた。1日の食事量は、炭水化物だけで米2升(約3キロ)分を超えていた。

 生徒は驚きの声を上げた。大瀬良が「目標を持って下さい。何事にもチャレンジして下さい」と締めるまで40分、最後まで生徒が飽きることはなかった。

 大瀬良は「吐きそうでも我慢しました。両親は食費が大変だったと思いますが、プロになって返すつもりだった」と振り返った。生徒には「テレビの前で応援してもらいたい」と笑顔で語りかけた。

 長崎は普段、広島戦の地上波中継はない。だが球宴なら大丈夫だ。「そうですね。それを目標に頑張りたい」ときっぱり。プロでの活躍‐。それが、半端でなく高いエンゲル係数にも惜しみなく支えてくれた両親、そして応援してくれる母校の後輩へ一番の恩返しになる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    これも読みたい

    あとで読みたい

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    あわせて読みたい

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス