文字サイズ

エルド来季もカープ!現場から強い要望

 広島がブラッド・エルドレッド内野手(33)との来季契約が大筋で合意に達したことが25日、分かった。

 エルドレッドは4月末に死球を受け、右手を骨折し長期離脱。6月に復帰したが、実戦不足から不振で再び2軍落ち。だが再昇格した9月以降は23試合で主に4番を務め、打率・329、7本塁打、16打点と大暴れした。

 9月25日の中日戦(ナゴヤドーム)ではチーム初のCS進出を決める13号決勝2ラン。10月13日の阪神とのCSファーストS第2戦(甲子園)でも決勝打を放ち、ファイナルS進出の立役者となった。

 球団は当初、今季限りで契約を打ち切る方針だったが、終盤戦の大爆発により再考。野村監督をはじめ「現場からの要望も強かった」と球団首脳。残留交渉を続け、この日までに条件面で折り合いが付いた。

 一方、去就が流動的だったルイスは退団が決まった。広島の来季の助っ人はバリントン、ミコライオ、キラの残留方針はすでに決定。新外国人左腕・フィリップス(マーリンズをFA)と合わせ、広島の来季外国人陣容は5人が固まった。今後、球団は右打ちの野手に関しても調査しており、6人目の外国人選手獲得を目指す。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(カープ)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス