文字サイズ

夏の甲子園 4校が集団感染で抽選方式変更 九州学院など初戦は8日目「お互い様の精神で」

 日本高野連は2日、夏の甲子園に関して新型コロナウイルスの集団感染と判断された高校が4チームあったことを明らかにし、4チームは抽選の際に大会第7日の第1試合から第3試合のいずれかに当たるように対応することを発表した。

 4校は九州学院(熊本)、有田工(佐賀)、帝京五(愛媛)、浜田(島根)。抽選は3日16時から行われるが、集団感染と判断されたチームは抽選会場には来ないという。

 4校は2回戦にあたる第7日に組み込んだうえで、さらに初戦までの期間に余裕を持ってもらうために、当初の第7日の試合と、すでに1回戦を突破した第8日の試合を3試合ずつ入れ替える日程変更を行う。4チームは8日目に登場することになる。

 この日、高野連は第104回全国高校野球選手権大会の大会前PCR検査の結果を公表。全国49校の指導者、部員1641人を対象に行ったところ、陽性者は10校26人となった。

 大会の新型コロナウイルス感染対策ガイドラインには感染があった場合、「個別の事案と判断した場合、当該選手を入れ替えるなどの対応をする」、「集団感染と判断した場合、感染陽性時期を確認し、試合日程の変更で対応できる場合は、当該試合の日程を変更することもある」としている。高野連は「試合日程を遅くします4校が2回戦からの登場になることで、不公平感を指摘する声もあるかもしれませんが、いつ自分たちが感染してもおかしくない、という状況のもとですから、お互い様の精神、互譲の精神で出場校をはじめ皆様方のご理解ご協力をいただければ幸いです」とした。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

野球最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(野球)

話題の写真ランキング

写真

デイリーおすすめアイテム

リアルタイムランキング

注目トピックス