京都外大西の王貞治 西村瑠伊斗5戦4発で大会記録並んだ 高校通算54号

 9回、勝ち越しのソロ本塁打を放つ西村
 9回、勝ち越しソロを放ち大盛り上がりのナインの元に駆け寄る京都外大西・西村(撮影・石湯恒介)
 西村瑠伊斗投手(左)と王貞治氏
3枚

 「高校野球京都大会・準々決勝、京都外大西7-6立命館宇治」(22日、わかさスタジアム京都)

 今秋のドラフト候補に挙がる京都外大西のスラッガー、西村瑠伊斗投手(3年)が九回に試合を決める本塁打を放ち、チームを2年連続の準決勝へ導いた。2試合連発の西村は今大会5試合で4本塁打となり、2005年夏の炭谷銀仁朗(平安、現龍谷大平安=楽天)が持つ京都大会の1大会最多本塁打に17年ぶりに並んだ。

 軽く振ったバットから、想像もつかない強い打球が飛ぶ。西村は、そんな不思議なスラッガーだ。同点の九回2死から「勝負してくれてラッキーだった」と2ボールからの甘い直球を逃さなかった。右中間への決勝ソロ。歓喜のベンチへ両手を掲げて生還した。

 「2番・右翼」で出場し、三回の右線二塁打を含めてこの日は3安打1打点。5点ビハインドの八回は、打線が西村の右前打を含む4安打などで同点に追いついていた。「僕までつないでくれた。最後は僕が決めると思った」という決勝弾で、上羽功晃監督(52)が「西村以外は全員つなぎ」と言い切るほどの重責を果たした。

 京都大会で1大会4本塁打は、平安から05年度高校生ドラフト1巡目で西武に入団した炭谷に並ぶ最多記録。「(記録は)ずっと頭に入っていた」が、それが気負いにつながらないのが強みだ。王貞治氏をほうふつとさせるフォームで念じるのは「力を抜け、力を抜け」。時には二刀流の大先輩、大谷翔平の動画で「力の抜き方を見る」と言う。

 高校通算54本塁打。同校にとって2010年以来の聖地で60本の大台を目指す。夢へのあと2試合で「自分はもっと打てると思う。大幅に大会記録を伸ばせるように頑張りたい」とアーチを量産する。

 ◆西村瑠伊斗(にしむら・るいと)2004年7月1日、18歳。京都府京都市。178センチ、75キロ。右投げ左打ち、外野手兼投手。小学2年時に七条ファミリーズで始め、洛南中時代は京都ポニーに所属。京都外大西では1年夏から背番号「10」でベンチ入り。最速147キロ。遠投120メートル。50メートル6秒0。憧れの選手はエンゼルス・大谷翔平

関連ニュース

編集者のオススメ記事

野球最新ニュース

もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス