文字サイズ

ヤクルト・浜田が勝ち越しの6号2ラン 高津監督の起用に応える

 「中日-ヤクルト」(22日、バンテリンドーム)

 ヤクルトの浜田太貴外野手が、勝ち越しの6号2ランを放った。追いつかれた直後の一発。若き力がまたも躍動した。

 五回に同点とされ迎えた六回だった。1死で先発・松葉から祖父江にスイッチ。オスナが中前打を放つと、2死となって迎えた初球だった。低めのスライダーをフルスイングで強振すると、打球は広い敵地の左翼席へ着弾。大きな勝ち越し2ランで、高津監督の先発起用に応えた。

 浜田は21、22日の中日戦でいずれも先発出場。21日は「5番・左翼」で先発するも、3打数無安打に封じ込められ、途中交代となっていた。この日も5回までは内野ゴロ2本と抑えられていたが、3打席目に大きな一発が飛び出した。

 浜田は球団広報を通して、「昨日、今日と結果が出ていなかったので、何とか1本打ちたかった。うまく拾うことができました」とコメントした。

野球スコア速報

関連ニュース

編集者のオススメ記事

野球最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(野球)

話題の写真ランキング

写真

デイリーおすすめアイテム

リアルタイムランキング

注目トピックス