文字サイズ

ロッテ 選手会の抗議文に釈明「一律25%ダウンという方針は一切採っておりません」

 ロッテは6日、日本プロ野球選手会から契約交渉に関して、抗議文を送付された件について以下のようにコメントした。

 選手会によると、数人の選手から下交渉で査定担当に「一律25%ダウンからスタートする」と説明されたと報告を受けたとされていたが、球団は「12月3日に選手会へご説明した通り球団として一律25%ダウンという方針は一切採っておりません。しかしながら、査定担当者の説明が不十分で一部の選手の理解を得られなかったことは真摯に受け止めており再度、丁寧に説明を行っている状況です。今後とも当球団の選手と、しっかりと話を行い、納得してもらった上で契約更改を行います」とした。

 この問題は5日、選手会の発表で判明。ロッテに所属する10名以上の選手が査定担当者に「今オフの査定は一律25%ダウンからスタートする」と説明されたいう。選手会は「今回問題となっている契約交渉の方法は、保留制度下において契約を拒否し他球団でプレーすることのできない選手の弱い立場につけこみ、虚偽の説明を用いて球団の提示した年棒を受け入れさせようとする極めて不誠実なものであり、選手と球団の信頼関係を大きく損なうものと捉えています」としている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス