文字サイズ

日本ハム 谷口雄也が現役引退「11年間、本当に幸せでした」剛力似でも話題に

 日本ハムは25日、谷口雄也外野手(29)が現役引退することを発表した。

 愛工大名電から10年度ドラフト5位で入団。通算271試合の出場で打率・240、7本塁打、42打点だった。

 14年には72試合に出場するなど、左の強打を売りに頭角を現した。16年も83試合の出場で打率・254の成績を残し、日本一に貢献。以降もレギュラー候補として期待された。だが、17年に右膝靱帯損傷の重傷を負ってから成績が伸び悩み、今季は7試合の出場だった。

 また、童顔で女優・剛力彩芽に似ていることでも話題となり、“かわいすぎるスラッガー”として注目された。

 谷口のコメントは以下の通り。

 「11年間、北海道日本ハムファイターズでプレーができて、本当に幸せでした。大きなけがもあり長くは活躍できませんでしたが、たくさんのチャンスをくださった球団には感謝しています。今年に入り、体の状態も万全でありませんでしたが、精一杯プレーをしたので悔いはありません。

 一番の思い出は2016年に日本一になれたことです。今までプレーをさせてくれた栗山英樹監督、コーチの皆さん、裏方さん、トレーナーさん、チームメイトの皆さん、本当にありがとうございました。そして北海道のファンの皆さん、鎌ケ谷のファンの皆さん、全国のプロ野球ファンの皆さん、11年間ありがとうございました」。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス