文字サイズ

巨人・山口、危険球退場 代わった田中豊が2ラン被弾 原監督は投手陣責めず打線に注文

 「巨人2-3DeNA」(14日、東京ドーム)

 まさかの退場劇で潮目が変わった。先発の巨人・山口が七回に危険球退場し、緊急登板した田中豊が決勝2ランを被弾。それでも原監督は投手陣を責めず、2得点に終わった打線に注文をつけた。

 山口は六回まで桑原のソロによる1失点と好投。だが同点の七回、1死走者なしで、すっぽ抜けた球がソトのヘルメット上部にかすった。審判団が協議した結果、右腕は単独でプロ野球史上最多となる通算4度目の危険球退場を宣告された。

 直後に田中豊が牧に左中間への決勝2ランを浴びた。ただ指揮官は「まあ、ベストを尽くしたわけだからね。そういうこともあるでしょう」とかばい、「もうちょっと打線が点を、というところでしょうな」と野手陣の奮起を促した。

 今季初めて1、2番に吉川、松原の俊足コンビを起用。坂本を4月7日・阪神戦(甲子園)以来の3番に据えた。指揮官が「まあ、悪くないと思いますね」と振り返ったように初回は1死から松原、坂本が連打で一、三塁とチャンスメーク。ところが岡本和が遊ゴロ併殺に倒れ、リズムをつかめなかった。

 新オーダーに一定の手応えはあったものの、スタメン野手が計3安打では勝てない。12日に連敗は6で止まったが、これでDeNA戦6連敗。波に乗れない状況が続く。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス