文字サイズ

ヤクルト・奥川 母校の星稜・林監督の退任に「突然で驚き」7日の阪神戦で先発へ

 キャッチボールを終えた奥川(撮影・北村雅宏)
 トレーニングをする奥川(撮影・北村雅宏)
2枚

 ヤクルトの奥川恭伸投手(20)が、7日の阪神戦(甲子園)に先発することが発表された。対するは、阪神・青柳の予定。

 プロ入り2度目の甲子園凱旋となる。1度目の7月1日には、7回4安打1失点と試合を作ったが勝ち負けはつかず。「いつも通り、最少失点で抑えたいです」と意気込み、甲子園初白星を目指す。

 また今月3日には、恩師である星稜・林和成監督(46)が来年3月末で退任されることが発表された。星稜時代に4季連続で甲子園出場を果たしていた奥川は、「突然のことだったので驚きました」とし、「高校時代にのびのびと野球をやらせてもらったおかげで、今がある」と感謝の思いを胸に、プロでのマウンドに上がる。

 現在は3・5差で、首位・阪神を追う。チームは連敗中で、まずは連敗ストップへ。阪神との攻防の初戦は、若き右腕に託された。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス