文字サイズ

侍ジャパン 劇的サヨナラ打の坂本「ホッとしている」初戦の重圧も明かす

9回、サヨナラ打を放ちガッツポーズをする坂本(撮影・堀内翔)
 初戦に勝利して喜び合う侍ジャパン(撮影・堀内翔)
2枚

 「東京五輪・野球・1次リーグ、日本4-3ドミニカ共和国」(28日、福島県営あづま球場)

 日本が九回に3点を奪って、初戦を劇的な逆転サヨナラ勝ち。苦しみながらも初戦を白星発進した。

 2点を追う九回は1死から柳田の一塁内野安打。代打近藤の安打でチャンスメーク。村上の適時打、甲斐のセーフティースクイズ、さらに1死満塁から坂本が中越えにサヨナラ打を放った。

 初球を打って勝利を呼び込んだ坂本は「まずは初戦勝って正直ホッとしているなという気持ちが一番です」と笑顔。巨人に所属するメルセデスに苦戦し、六回まで1安打。坂本も3打数無安打と押さえ込まれていた。試合を振り返り、「試合序盤はすごい重い雰囲気で試合が進んでいるなと僕もプレーしながら、思っていたんですけどベンチでもみんな声を出してくれてましたし、最後、ああいう最高の形でみんなつないでくれたんで、いい結果になって、まずは勝って良かった」とうなずいた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス