文字サイズ

ソフトバンク・孫正義オーナー、ペイペイドームでの無観客を自主的に検討

 プロ野球ソフトバンクの孫正義オーナーが17日、自身のツイッターを更新。福岡県に緊急事態宣言が発令されている現状を踏まえ、本拠地のペイペイドームでの試合を自主的に無観客として開催することを検討していることを明らかにした。

 孫氏は「福岡PayPayドームでのホークスの試合は緊急事態宣言解除の日まで自主的に無観客試合とすることを検討したいと思います」とつぶやいた。福岡県は12日に緊急事態宣言の対象に追加された。政府の指針によると、現在は5000人を観客数の上限となっている。

 プロ野球は4月25日に4都府県を対象に3度目の緊急事態宣言が出された後、対象地域の4球場で無観客試合で行われていた。その後、宣言延長した際にイベントの人数制限が緩和され、東京ドームと神宮球場、甲子園球場は3球場は観客の受け入れを再開。一方で、感染者の多かった大阪府では府の要請により、京セラドーム大阪だけが無観客が継続されている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス