文字サイズ

ヤクルト 小学生にプロが負けた!?

 「ヤクルト春季キャンプ」(3日、浦添)

 ヤクルト1軍選手らが小学生に負けた?

 この日午前中に行われたキャッチボールクラシックの“大会”。2チームに分かれ、2分間7メートルの距離でキャッチボールが何回できるかを争った。

 円陣では森岡内野守備走塁コーチが小学生の部で124回、中学生の部で145回の記録を発表。「プロ野球選手は150回はできるよな!!」と士気を高めた…が。

 まずは青木、村上ら率いるAチームの挑戦。それでもミスが相次ぐと、焦りもあり、笑顔の中で101回と撃沈。後攻だった山田、内川ら率いるBチームも山田が「愛情ボール」と優しいキャッチボールを求め、挑戦したが、惜しくも118回と小学生記録に届かなかった。

 この結果に、森岡コーチも「またやるからな」とリベンジを予告。選手らも応え、結束が高まった中で、シートノックが始まった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス