文字サイズ

キャンプインは予定通り2月1日の方針 12球団代表者会議で方向性固まる

 NPBの井原事務局長が12日、新型コロナウイルス対策連絡会議を経た12球団代表者会議後にZOOM取材に応じ、プロ野球のキャンプは予定通り2月1日に始める方向で沖縄、宮崎の各自治体と準備を進めていることを明かした。

 感染拡大をいかに防いでいくかについて同事務局長は、検査態勢の構築について話を進めているとし、専門家の指摘も踏まえて、12球団としての方針を固めたと語った。

 (1)キャンプ地への移動前に選手、スタッフ全員がPCR検査を受けて陰性を確認する

 (2)キャンプイン直後にできるだけ速やかにスクリーニング検査を受ける。その後は1週間に1回程度、スクリーニング検査を定期的に継続して行うとし、体調不良者が出た場合の緊急対応についても検査態勢を構築したと説明した。

 また、球場のアルバイト、球団OBを含む評論家、報道陣にも移動前の検査を求めたが、来場するファンに関しては各自治体の方針に従うとし、12球団としてPCR検査の事前義務化を求めることはないとした。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス