文字サイズ

日本ハム ドラ3古川が仮契約 正捕手争いへ「そこに向かってどん欲に」

 日本ハムからドラフト3位指名された古川裕大捕手(22)=上武大=が20日、群馬県高崎市内の同大で入団交渉に臨み、契約金5000万円、年俸900万円で仮契約を結んだ(金額は推定)。強肩強打が売りで、大学ナンバーワン捕手の呼び声も高い古川は、「まずは開幕1軍を目標にやっていきたい」と意気込んだ。

 上武大では1年春からベンチ入り。2年時からレギュラーに定着すると、3年時には大学日本代表にも選出され、秋の関甲新リーグでは首位打者にも輝いた。二塁送球1秒82の強肩も備えており、即戦力の打てる捕手としての期待は大きい。

 今季チームでは宇佐見と清水が主にマスクをかぶったものの、正捕手は不在だ。大渕スカウト部長は「キャッチャー陣のレベルを上げる人物として適役」と、古川の加入がもたらす激しい捕手争いに期待する。

 古川も「期待されていると感じた。キャッチャーとしてチャンスがある。そこに向かってどん欲になっていきたい」と1年目からの活躍に向け、気合を入れた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス