文字サイズ

巨人ドラ1の亜大・平内 漂う大物感「投げます」連投へ余力残しの完投星

 「東都大学野球、亜大8-1東洋大」(27日、神宮球場)

 3試合が行われ、亜大が8-1で東洋大を退け6勝1敗とした。巨人からドラフト1位指名を受けた平内龍太投手(22)が先発し、最速152キロをマークするなど5安打1失点で完投勝利を挙げた。国学院大は中大を3-1で下し、駒大は立正大に7-3で快勝した。国学院大と立正大が5勝2敗、駒大と中大は2勝5敗。

 “運命の瞬間”から約25時間後。最後のバッターを打ち取った後、平内が見せたわずかな笑顔が際立つほど、淡々と投げ進めた109球だった。5安打1失点での完投勝利。神宮の地で、ドラフト1位の評価に違わぬピッチングを披露した。

 先制してもらった直後の初回に失点。「ふがいないピッチングだったので、二回から気を引き締めて投げました」とその後はスコアボードに「0」を並べた。際立ったのは走者を背負ってからのギアチェンジ。この日の最速152キロも五回1死三塁の場面で計測するなど、勝負どころで真価を発揮した。そしてピンチを脱しても表情を変えることなくベンチに引き揚げる姿が、何よりも頼もしい。

 変化球もさえ渡った。7奪三振の内、ほとんどが決め球となる130キロ台中盤のスプリットで奪ったもの。与四球も1にまとめ「ボールが安定していて、いい感じのテンポで投げられた。よかったと思います」と胸を張り、「明日も投げます」と余力を残して試合を締めた。

 リーグ戦に集中するため、祝福のLINEは1件も返してないという右腕。指名の実感も「思ったよりなかったです。全然寝れました」。サラリと言ってのける姿が大物を予感させた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス