文字サイズ

ドラフトの目玉、早大・早川は「20年に1人のサウスポー」小宮山悟監督も太鼓判

 立大に完封勝利し捕手・岩本と笑顔で腕タッチする早大・早川(右)=神宮球場(撮影・三好信也)
3枚

 「東京六大学野球、早大1-0立大」(24日、神宮球場)

 今秋ドラフト1位候補で最速155キロ左腕の早大・早川隆久投手(4年・木更津総合)が今季2度目の完封を決めた。序盤はスライダーの制球に苦しみながら、150キロの直球とカットボールやツーシームを駆使。12奪三振で1点を守り切り、26日に迫ったドラフト会議を前に文句なしの快投を披露した。

 2四死球で背負った七回2死一、三塁のピンチでは「自分が出した走者でもあるので」と狙い通り空振り三振に斬った。安定感抜群の投球に小宮山悟監督の賛辞もやまず。「(大学時代の)和田(現ソフトバンク)と比較されているんでね。20年に一人のサウスポーですから。本当に頼もしく育ったという感じでは見ています」とリーグ通算最多476奪三振を誇るOB左腕を引き合いに称えた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス