文字サイズ

徳島 生光学園が県8強入り 4番・空處「みんなで勝ちきっていきたい」

 「秋季高校野球徳島大会・2回戦、生光学園8-1阿南工」(21日、鳴門オロナミンC球場)

 徳島県で初となる私立校の甲子園出場を目指す生光学園が、八回コールドで8強入りを決めた。

 二回に大久保陽平内野手(2年)の2点適時打で先制すると、五回には2死満塁のチャンスで、主将の吉田隆希内野手(2年)の内野フライを相手セカンドが触れず、ラッキーなかたちで追加点。続く4番の空處勇気捕手(そらじょ、2年)にも適時打が出て一挙4点を奪って試合を決めた。

 3年生の夏が終わった翌日、新チーム全員で話し合い「力のあるチームじゃない。みんなで1戦1戦戦っていこう」と、チーム方針を定めた。日本で10人ほどしかいないという珍しい名字で、チームメートからは「ソランティ」のあだ名で呼ばれる空處も「正直、一つ上の代からは力は落ちると思う。みんなで勝ちきっていきたい」と、チームの結束を強調する。

 「自分たちは力がない。でも、それをバネにして頑張りたい」と吉田。「四国大会に出て、これに勝ったら甲子園という試合をしたい」と、大舞台進出を目指し、チーム全員で戦い続ける。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス