文字サイズ

NPB20年度予算と事業計画を承認 予算は前期比6億3000万円マイナス

 プロ野球のオーナー会議と日本野球機構(NPB)の臨時社員総会が14日、都内で開かれ、NPBの2020年度(20年10月~21年9月)の予算と事業計画が承認された。

 新型コロナウイルスの影響で満員での開催に至っていない今季。11月21日開幕の日本シリーズについても収入を例年よりも低めに設定したことから、予算は前期比で6億3000万円マイナスとなった。事業活動収支については8000万円の黒字を見込んでいる。

 プロ野球の斉藤コミッショナーは「事業計画ではコロナ禍の影響を受け中止、もしくは縮小した今年の事業を従前通りに挙行することを前提に計画を作っている」とし「感染拡大を防ぎながら、プロスポーツとしての社会的な役割を果たすためにも、来年度もきっちり業務を進めていく」と話した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス