文字サイズ

甲子園来春3・19、夏8・9開幕 高野連が開催へ準備

 日本高野連は9日、大阪市内で来年の選抜大会と選手権大会の運営委員会を開き、春の第93回選抜高校野球大会は3月19日から、夏の第103回全国高校野球選手権大会は8月9日から、それぞれ甲子園球場で開幕すると発表した。新型コロナウイルスの収束が見通せず、今後の状況は不透明ながら準備を進めていく。

 選抜大会は準々決勝と準決勝翌日の休養日2日間を含む、13日間で実施。出場校は例年通り32校で、一般選考が28校、21世紀枠が3校、神宮大会枠が1校。今後、出場校の選考委員会を1月29日に、組み合わせ抽選会を3月12日に行うとした。また、選手権大会は東京五輪を考慮して、五輪閉幕の翌日から休養日2日を含めた16日間を予定している。

 観客の有無などについては未定。同連盟の小倉好正事務局長(62)は「世の中の状況を見ながら、その都度検討すべき問題にスピード感を持って対応していきたい」とした。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス