文字サイズ

DeNA・ラミレス監督、大敗も「野球なので起こりえる」スタンドから怒声も…

 メモを取るDeNA・ラミレス監督
2枚

 「巨人13-4DeNA」(3日、東京ドーム)

 先発にパットンを立ててのオープナー策で臨んだDeNA・ラミレス監督の戦略は失敗に終わり、同一カード3連敗。勝率5割に逆戻りした。

 来日初先発の右腕は初回に3失点。二回も乱調が続き、1回1/3を9失点(自責7)。後を継いだ武藤も流れを止められず、この回だけで10失点。2015年7月21日以来の1イニング2桁失点の屈辱となった。二回までに12点のビハインドを背負い、五回の攻撃終了後には、選手交代のためベンチから出てきた指揮官に、スタンドのファンから「ラミレス!何やってんだよ!」と怒声が飛んだ。

 巨人3連戦での3連敗でゲーム差は8・5に開いた。指揮官は「野球なので勝つこともあれば負けることもある。明日から1つずつ勝っていくということになると思う」と視線は次戦へ。オープナー策の今後については「やるべき時は迷いなくやっていく。今日は最初の2回で13失点。こういうことも野球なので起こりえる。今後うまくいくときもあると思う」と前を向いた。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス