文字サイズ

中日・大野雄が2戦連続完封で、球団タイ5連続完投勝利の快挙達成

完封勝利を挙げ笑顔を見せる中日・大野雄=ナゴヤドーム(撮影・立川洋一郎)
2枚

 「中日5-0広島」(1日、ナゴヤドーム)

 中日・大野雄大投手が、圧巻の2安打完封勝利。球団タイ記録で14年ぶり4人目となる、5試合連続完投で5勝目を飾った。

 中8日と休養十分で上がったマウンド。立ち上がりから安定感抜群だった。五回2死まで完全投球を披露。メヒアに安打を許してもリズムは乱れず、六回以降もテンポ良くアウトを重ねた。八回にはメヒアから、この試合10個目の奪三振をマーク。九回も先頭に安打を許したが、試合終盤も威力の衰えない直球を軸に、広島打線を寄せつけなかった。2戦連続完封勝利で、偉業に花を添えた。

 広島・九里との投げ合いとなったが、中日の先制点も大野雄のバットから。五回1死三塁で何とかバットに当てた打球は三塁線寄りの投ゴロとなったが、その間に三走が生還した。六回にもビシエドの併殺崩れの間に2点目を奪った。八回はダメ押しの3点を奪い、大野雄を援護した。

 中日の5試合連続完投勝利は55年石川克彦氏、61年権藤博氏、06年佐藤充氏に並び、4人目の快挙となった。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス