文字サイズ

西武、山川の逆転サヨナラ打で連敗脱出 途中出場の森は号泣

9回西武1死満塁 レフトへサヨナラ2点適時打を放ち、ガッツポーズをする西武・山川穂高=メットライフドーム(撮影・伊藤笙子)
2枚

 「西武8-7日本ハム」(27日、メットライフドーム)

 西武が劇的な逆転サヨナラで連敗を5で止めた。

 1点を追う九回、1死満塁とし4番・山川が左翼線をライナーで破る逆転2点適時打を放った。

 粘りを見せた。二回までに4点を先制されながら四回は山川が18号2ラン。五回は1死一、二塁から源田の一ゴロを清宮が適時失策して1点差とし、さらに二、三塁から栗山の中前2点適時打で逆転した。六回にはドラフト5位ルーキー柘植のプロ1号ソロで突き放した。

 だが2点リードで迎えた八回に登板した4番手ギャレットが、3四死球3適時打を浴びて逆転されていた。

 サヨナラの瞬間、号泣したのは山川ではなく、森だった。チームは低迷し、この日スタメン落ち。七回からマスクをかぶっていたが、八回に逆転を許していた。

 同期入団で、兄貴分と慕う山川の劇的打。森は試合後も、しばらくベンチから動けなかった。

 辻監督は「気持ちは非常に分かる。彼の責任感、逆転された悔しさがあり、そして最後は兄貴の山川がサヨナラヒットを打った。野球の怖さを知って、これからに生きてくると思う」と、その思いを代弁した。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス