文字サイズ

近江が滋賀県の夏3連覇 田中航大が完投「優勝の瞬間は絶対に自分がマウンドに」

 優勝の瞬間、マウンドに集まるナイン(撮影・永井優花)
 木製バットで大会に挑んだプロ注目の土田(撮影・永井優花)
2枚

 「高校野球滋賀大会・決勝戦、近江6-1水口東」(14日、皇子山球場)

 近江が県内では無敗で夏3連覇を達成した。

 初回から、相手エース・大橋の乱れを見逃さず、一気に攻め立てた。3点を先制すると、二回にも連続四球などでチャンスを作り、5番・長谷川、6番・久保田の連続安打で3点を追加。投げては、エースナンバーを背負う田中航大投手(3年)が9回を4安打1失点で完投。「優勝の瞬間は絶対に自分がマウンドに立っていたい、という思いで投げました」と安どの表情を見せた。

 今大会、木製バットで挑んだ今秋ドラフト候補の土田龍空内野手(3年)は、3打数無安打と振るわなかったが「優勝は素直にうれしいです」と笑顔。「自分の悔しさは次の舞台にぶつけます」とプロの世界で晴らすと誓った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス