文字サイズ

日本ハム4位浮上 中田&大田が仕事、栗山監督は「大きな意味がある」

 「日本ハム5-3西武」(6日、札幌ドーム)

 日本ハムは西武の猛追をかわし、逃げ切り勝ち。4位に再浮上した。

 先発したルーキーの河野は、初対戦の西武打線を相手に5回4安打2失点と好投。2勝目を挙げた。

 打線は2試合連続で2ケタ安打をマーク。初回に中田が3試合ぶりの安打となる左翼フェンス直撃の2点二塁打、大田が適時二塁打を放ち先制するなど主軸が機能した。横尾、宇佐見、石井ら3人がマルチ安打を記録。清宮も1安打を放ち、2つの四球を選んだ。

 栗山監督は「真ん中(主軸)が打ってくれるのは大きな意味がある」と中田と大田の働きを評価。一方で「勝ったからこそ分かる課題もあった。しっかりやっていきます」とかぶとの緒を締めるのも忘れなかった。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス