文字サイズ

明石商・中森に熱視線 阪神、巨人など8球団が視察 7回3安打無失点7K

7回3安打無失点と力投した中森(撮影・永井優花)
 初回に二塁打を放った来田(撮影・永井優花)
2枚

 「高校野球兵庫大会・4回戦、明石商7-0小野」(4日、明石トーカロ球場)

 明石商が八回コールド勝ちを決め、最終戦へ駒を進めた。

 阪神や巨人、オリックスなど8球団12人のスカウト陣が見守る中、中1日で先発を務めた今秋ドラフト上位候補の中森俊介投手(3年)が、7回を3安打無失点7奪三振に抑える粘投で、勝利に貢献した。

 序盤は「球が浮いてしまっていた」と自分が思った通りのコースに投げることができなかったと反省したが、徐々にピッチを上げ最速148キロをマークするなど、高い安定感と修正力で無失点で切り抜けた。

 連戦の疲れからか、試合前には軽い夏バテを感じたというが「監督から『今日も3年生が全員出られるように』と言われて、気合が入って治りました」と笑顔を見せた中森。代替大会のラスト試合も「自分が投げたい」と意気込んだ。

 同じくドラフト候補の来田涼斗外野手(3年)は、4打数1安打と本領を発揮できなかったが「タイミングは合っているので、感覚は悪くないです」と焦る様子はなかった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス