文字サイズ

オリックス【きょうは何の日】2018年、ラオウ2戦連続満弾&ディクソン、チーム82試合目で初完投

 「オリックス11-0日本ハム」(2018年7月17日、京セラドーム大阪)

 これぞ“ラオウ”杉本裕太郎の怪力だ。4点リードの三回1死満塁。玉井大翔の直球を捉えた打球は低い弾道のライナーで右中間スタンドに突き刺さった。

 11日の楽天戦に続いて出場2試合連続の満塁本塁打はプロ野球史上8人目。プロ3年目で通算4安打中3本が本塁打という驚異の長打力だ。

 福良淳一監督は「ビックリしました。ちょっと考えられない打球。すごいパワー」と目を丸くした。

 2月のキャンプでサイン見落としから2軍落ち。そこから「前に跳ばなくなった」という極度の不振に陥っただけに本人に慢心はなかった。「打たなきゃ終わり。一日一日が勝負ですから。1日でも長く1軍にいられるように頑張ります」と悲壮感を漂わせた。

 満塁本塁打の強力援護を受けて先発のブランドン・ディクソンは奮闘。自己最多の146球を投げ4年ぶりの完封勝利を手にした。

 実はここまでチームは81試合で完投0。この試合でもなければ、連続完投なしのプロ野球記録である2004年・日本ハムの82試合に並ぶところだった。

 杉本はこの年、1軍で3安打を記録、内訳は2本塁打、1二塁打。プロ初単打は4年目となる2019年まで記録しなかった。

 当日のスタメンは次の通り。

(4)大城滉二

(5)西野真弘

(D)ステフェン・ロメロ

(7)吉田正尚

(3)伏見寅威

(6)安達了一

(9)杉本裕太郎

(8)武田健吾

(2)若月健矢

(P)ブランドン・ディクソン

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス