文字サイズ

ヤクルトが逆転勝ち 西浦が決勝2ラン 広島は九回の絶好機生かせず

逆転の2ランを放ち迎えられるヤクルト・西浦=神宮球場(撮影・堀内翔)
3枚

 「ヤクルト4-3広島」(1日、神宮球場)

 ヤクルトが雨の中断を挟んだ一戦を制し、逆転勝ち。勝率を5割に戻した。

 1点を先制された一回に村上が逆転の2点適時打。再び1点ビハインドとなった四回は、西浦の2号2ランで逆転した。

 5回3失点のスアレスが2勝目。梅野、清水、マクガフ、石山とつないで逃げ切った。

 広島は西川と松山が適時打。だが、先発のK・ジョンソンがぬかるむマウンドで本来の投球ができず、守備にも足を引っ張られて5回4失点(自責点3)で2敗目を喫した。

 打線は九回、1死一、三塁の絶好機をつかんだが、菊池涼が三振、高橋大のライナーは遊撃手エスコバーがジャンプして好捕した。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス