文字サイズ

巨人・原監督「今日来た選手とは思えない」ウィーラー“マルポーズ”も

7回裏の攻撃を終え、選手交代を告げた原監督=東京ドーム(撮影・中田匡峻)
3枚

 「巨人5-2DeNA」(30日、東京ドーム)

 楽天からトレードで加入した巨人のゼラス・ウィーラー内野手が移籍後即7番・左翼でスタメン出場。3打数1安打に終わった。

 二回の第1打席は中飛に倒れたが、迎えた第2打席の五回に浜口のチェンジアップを引っ張り、三塁宮崎のグラブをかすめ左前へ。一塁を回ると、手をたたいて喜んだ。六回の第3打席は見逃し三振だった。

 六回、岡本が同点打を放った場面では楽天時代と同じようにベンチの前に飛び出し、大喜び。八回、丸の本塁打が飛び出すと、仲間と一緒に“マルポーズ”で出迎えた。

 原監督は「うちにはいないタイプ。日本の野球は理解していて違和感なく話をしてたし、今日きた選手とは思えない。やる気に満ちていて、準備ができているということでスタメンに使った」とうなずいた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス