文字サイズ

日本ハムは延長十回引き分け 上沢が復帰登板 ソフトバンクはわずか2安打

 「日本ハム1-1ソフトバンク」(30日、札幌ドーム)

 両軍投手陣の奮闘で引き分けた。

 日本ハムの先発・上沢は5回を69球、2安打1失点と好投。昨年の開幕投手を務めた右腕は、同6月18日のDeNA戦(横浜)で、ソトの打球を左膝に受けて救急搬送された。膝蓋(しつがい)骨骨折の重傷だった。手術を経て、378日ぶりの復帰登板だった。

 打線は1点を追う四回に、近藤の適時二塁打で同点とした。六回以降は玉井、堀、宮西、秋吉、公文と継投。ソフトバンク打線を無安打に抑えて引き分けに持ち込んだ。

 ソフトバンクは打線が沈黙。日本ハム投手陣の前にわずか2安打だった。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス