文字サイズ

BC神奈川が初陣星、鈴木尚典監督は公式戦初采配に「選手でやる方が楽だった」

「BCリーグ、神奈川6-2茨城」(21日、JCOMスタジアム土浦)

 今季から新規参入した神奈川が開幕戦に逆転勝利し、プロ野球・横浜で活躍した鈴木尚典監督は初陣星を飾った。先制された直後の四回に3安打を集中させ、4得点。「記念すべき1勝。素直にうれしい。神奈川らしい攻撃ができた」と自身が現役時代に一員だった“マシンガン打線”をほうふつとさせる攻めでの勝利を喜んだ。

 先発を含めて投手を10人ベンチ入りさせ、「抑えてくれという気持ちで」と4人の継投で逃げ切った。終始冷静な様子で采配を振るっていたが、「選手でやる方が楽だった」と一言。「みんな落ち着いて明るくやってくれた」とナインをねぎらった。

 高校、大学と野球部に所属しない異色の経歴を持つ最速150キロ右腕・杉浦健二郎投手は登板せず、デビュー戦は持ち越された。試合中はバットを引くなどチームメートをサポート。「やっぱり投げたいです」と22日以降の出番へ向け、フォーム改善に取り組んでいる。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス