文字サイズ

新庄氏 現役時代に打てなかった投手を即答「投げ方がきもい」

 元プロ野球選手の新庄剛志氏が17日、大阪のラジオ局・エフエムひめ「いにしえのくしゃみめっちゃ出るわラジオ」に出演。自身が選ぶベストナインについて語った。

 自身が対戦した選手を振り返り、「ピッチャー渡辺俊介君。大嫌いだった。全然、打てなかった。投げ方がきもい」と即答。捕手は「古田さん。頭がいい。守ってて、この人どこ守ったらいいか迷わせてくれた選手だった」と、打撃面を理由に挙げた。

 自身が「守りづらい選手」が頭に浮かぶとし、「ファーストは駒田さん。守備うまいし、構え小さいし…。あんなでかいのに逆方向みたいな。チャンスならバーンと引っ張って」とし、「サードは進藤さん、ショートは立浪さん。立浪さんはかっこよさ。あの身長で2000本安打を打てる」と続けた。

 「センターは誰やろう…守備目線でチャンスに強い、福留孝介かな。いや、僕で」と笑わせ、監督は恩師である野村克也氏のモノマネをしながら「ヒルマン」と笑わせた。二塁、左翼、右翼は言わなかった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス